Monthly Theme Archives

Monthly Theme Aug 2022

We've Got JAZZ

「暑い」としか言葉が出ない季節に、より熱いジャズマンの魂にまつわる本や、クールで涼やかなジャズのスタイルに関する本はいかがでしょうか?

100年前のニューオリンズを基点としながら、スウィングするリズムや複雑なコードは時代の息吹を、地域の風土を、そしてミュージシャンの個性を巻き込みながら、革新させ続けてきました。

そんなジャズの来歴を追う「We've Got JAZZ 」というテーマからELLA BOOK SHELFは始まります。

BOOK LIST

Selected by
東京ヤルセナキオ
写真家の横川辰之が上原、北池袋、神宮前の住宅街をあてどなく逍遥し、カメラに収めたスナップたち。ぱらぱらと、捲って楽しい一冊。
キース・ジャレット ― 音楽のすべてを語る
「サウンドこそ、ぼくの世界だった」と語るジャズ・クラッシックピアノ界の巨匠・キースジャレットによる、彼自身の人生と音楽について。
LE POINT LE JAZZ
20世紀を代表するトランペッターやシンガーのルイ・アームストロングをはじめとする数々のミュージシャンを捉えた、まるでサウンドの聴こえてくるような一冊。
Ari Marcopoulos: Upstream
ジョー・マクフィーをフィーチャーしたインスタレーション「Alone Together」にも焦点を当てた、アーティスト  アリ・マルコポロスによるアートブック。
the sound I saw
写真家ロイ・デカラバが、ジャズ界の古き良き「永遠のスター」たちを多く捉えた写真集。低く、時に高く、渋くて甘美な音色がページ上に流れるような一冊。
JAZZ GIANTS 1961-2013
ジャズ喫茶・ジャズバー文化を牽引した「DIG」「DUG」のオーナーであり、カメラマンとしても活躍をした中平穂積の渾身の一冊。この迫力には、敵わない。
American Music: Photographs
最も有名な女性写真家の一人であるアニー・リーボヴィッツによる、ミュージシャン・ポートレートの集大成とも言える本書。そこに映る「人」とその「生活」には、どこか惹かれるものがある。
Jazz
色彩の魔術師とも異名されるアンリ・マティス。そんな彼が描く「ジャズ」はそれぞれ異なった音を、勢いよく私たちの脳裏に響かせてくるはずだ。
バット・ビューティフル
彼らの堕落しきった生活の中には、美しいジャズの音色が確かにあった。伝説のプレイヤーたちの姿を繊細に描き切った、全8話の物語。
ポートレート・イン・ジャズ
ジャズ愛好家として名高い村上春樹、和田誠によるポートレートエッセイ集。彼らの奏でたレコードをかけながら、その面影をそっと追うのも悪くない。
ポートレート・イン・ジャズ2
1に続く本作では、より深く広いジャズの世界を覗くことができる。あの音はこんな人が奏でていたのか…!またはその逆の驚きと出会えてしまうかもしれない一冊。
ジョン・コルトレーン・インタヴューズ
「孤高の奏者」として名高いジョン・コルトレーンの生前インタビューが、この一冊に。彼の曲を聴きながらであれば尚更、彼のその輪郭が浮かび上がることだろう。
セロニアス・モンクのいた風景
「ユニーク」を体現したかのような名プレイヤーであるモンクの若かりし日を知る人々から評論家、仕事仲間達の語った彼の新たな一面。村上春樹によるエッセイも見逃せない。
ジャズ小説
名プレイヤーによるジャズの名ナンバーに触発され、生み出された新たな筒井康隆ワールド。笑いと毒との絶妙なマッチングを、ぜひ。
マイルス・デイヴィス
「カインド・オブ・ブルー」創作術
今でもジャズ・ムーヴメントの大傑作と言える「カインド・オブ・ブルー」を生み出したマイルス・デイヴィス。その創作にまつわるプロセスを、アシュリー・カーンの取材力がその過程を露わにし、名盤の名盤たる所以を伝える。
さよならバードランド
モダンジャズの黄金期とも言える1950年代、ニューヨークで活動していたベーシストのビル・クロウによる自伝的エッセイ集。同年代プレイヤーたちとの交流記は、ぜひレコードを聴きながら。
新宿DIG DUG物語
『月があんまり低いから今宵はDUGへ行こう』60年代を代表する伝説のジャズ喫茶「DIG」そして「DUG」の軌跡が今、ここに。
Freedom, Rhythm & Sound:
Revolutionary Jazz Original Cover Art 1965–83
1965年から1983年までに誕生した、ユニークなデザインのジャズレコードをまとめた図鑑的一冊。好みのジャケットから音楽に出会うのも、一つの楽しみ方かもしれない。
Go Ahead in the Rain:
Notes to a Tribe Called Quest
「Jazz」的な精神は、他のブラックミュージックにも大きな影響を与えた。「We’ve got JAZZ」とライムしたA TRIBE CALLED QUESTの1冊。
ジャズ・アネクドーツ
ベーシストのビル・クロワが、当時の名プレイヤーや音楽生活の中で起こったことなどを色とりどりに描いた一作。思わず自分でリズムを刻みながら、声に出して読みたくなるエッセイ。
昭和ジャズ喫茶伝説
ジャズはジャズ喫茶で聴くものとされた時代に存在した、数々の伝説的ジャズ喫茶について記された一冊。行ったこともないのになぜかいい、懐かしい。そんな店舗と歴史の面影を辿る旅へ。
マイルスとコルトレーンの日々
ビバップから出発し、モダン・ジャズを牽引してきたマイルス、そしてコルトレーン。英米仏のジャズ雑誌をも引用しつつ、二人について奏でられる植草ワールドは見逃すことが出来ない。
日本ジャズの誕生
日本のジャズ誕生、例を見ないダンス文化、ショー文化を紐解き、現代の「ポップ」誕生までを記した一冊。戦前の日本で、こんなにも凄い音が流れていたとは!
日本フリージャズ・レコード図説
1969年から1989年の間20年間に誕生した日本のフリージャズ・レコード384枚をリストアップし、博士と助手と呼ばれる選者がコメントを寄せた図説集。新たなレコードをディグる手がかりとしても。
スタン・ゲッツ ― 音楽を生きる
「フィッツジェラルドこそが小説であり、スタン・ゲッツこそがジャズであった。」と村上春樹が話す、テナー・サキソフォンの巨匠、スタンの人生に迫る評伝集。これを読まずして彼を語るべからず。
ジャズ武芸帳
ジャズピアニストでもある山下洋輔によるエッセイ集。ジャズについて、ブルー・ノートについて、ピアノについて、ベートーヴェンや美空ひばりについてまで言及した、色彩豊かな一冊。
Ari Marcopoulos: Upstream
ジョー・マクフィーをフィーチャーしたインスタレーション「Alone Together」にも焦点を当てた、アーティスト  アリ・マルコポロスによるアートブック。

EBS PLAY LIST

Selected by